見極めと見守り

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

ユーゼミ事務担当の「じむたん」です。

 

じむたんが「パソコンの先生」をしている中学校では、

P検というICT活用能力認定試験を実施しています。

 

中学校で習う授業内容だと4級が妥当なのですが

4級に合格した子供たちが高校レベルの3級受験を希望しました。

当然、授業でやっていない問題が出てきます。

かなり勉強しないと難しいだろうな…と思いつつ、

子どもたちを合格に導くために心がけたのは

 

「見極め」と「見守り」です。

ユーゼミの先生たちも同じ思いを持っています。

 

 

試験というものは、苦手をなくしていくことが重要なので

模擬問題の取り組みを見て、苦手なところを見極め

 

すぐに解説し、苦手をなくしていきます。

そのあとは、口を出したくても本人のやる気にかけて見守ります。

 

苦手を見極め、解説して苦手意識を取り除き

演習問題を解けるかなぁと見守り、また、苦手を見極めて解説。

何度も繰り返し、身につくまで見守ります。

 

ユーゼミではプロの目で「見極め」、

 

親の心で「見守り」たいと常に思っています。

 

あ、肝心の結果は3級を6人が受験して全員合格!

結構、じむたん 教え上手なんです(*^_^*)