一日一ほめ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?   

ユーゼミ事務担当の「じむたん」です。

 

今日は「ほめ育の日」だそうです。

ほめる相手は自分もアリで、大切な人や自分への

「一日一ほめ」で、ほめ言葉であふれる毎日をとの願いが込められているそうですよ。

 

ほめられると、「報われた!」と脳のあるシステムが働きだしドーパミンが出る→このドーパミン、生きる意欲を作るホルモンと言われ、「よし!またほめられよう」と前向きに取り組むというループのようです。

また、ほめた方はオキシトシンが脳内に分泌される→このオキシトシンは幸せホルモンと言われ、心が癒されストレスが緩和するそうです。

 

どっちにとってもいいようですね。

それなら、自分で自分をほめると相乗効果…?

たしかにポジティブな考えの人って、前向きで幸せ感であふれてるように思います。

 →〇岡修造さんが思い浮かんだので、検索窓に「〇岡修造 ぽ」と入れてみたら「ポジティブ」と予測変換されました(^-^;

 

つい、できていないところをみつけてしまいますが、まずはできているところを認めてからですね。

 

一日の終わりには自分をほめてあげましょう!

 →ほめるのムズっ!て思う人は、まず「ありがとう」からはじめましょう(*^-^*)

少し前に片栗粉で作ったわらび餅。「おいしい!」って言ってもらって

また作ってあげようって思うのは、まさにこのパターンだったんですね。